賃貸物件は生活しやすい空間で決める~マイベストハウスチョイス~

不動産

住みやすい住宅

多くの人が利用する賃貸マンションは、一階が店舗になっている傾向があります。その店舗の種類によっては住みやすい住宅になることもあるため、賃貸マンションを選ぶ時には店舗についても調べることが大事です。

詳しくはコチラ

サービスを利用

賃貸マンションを探すにあたって利用したいサービス業者、それが不動産仲介業者です。この不動産仲介業者を利用する方法はいくつかあります。インターネットを活用することは不可欠です。

詳しくはコチラ

お家探しは慎重に

しっかりとした情報収集とチェックポイントの絞り込みを。

人事異動や独立、家の建て直しや長期の出張など住環境の変化によって賃貸住宅のお世話になる事はとても多いです。 自分が最も利用しやすい条件での賃貸物件を探すのはしっかりとした情報収集とチェックポイントの絞り込みです。 仕事や学校などのメインの行動にどれだけ有利な状況の物件で契約出来るかはとても大切です。 住宅周辺の環境は、日中の他にも早朝や夜間、平日と休日の人通りや車通りの変化なども生活環境の防犯面でも細かくチェックすべきポイントです。 賃貸物件の中でもアパートやマンションはほとんどの場合、その建物線物のゴミ集積所が設置されています。 この使い方も機材の種類によって違う事があるので使い方のチェックと、まれにゴミ集積所を作らずその地域のゴミステーションを利用する賃貸物件もあるので週の中でのゴミの種類ごとの回収日の確認とゴミステーションの場所もチェックが必要です。

住環境と交通環境も大切なチェックポイントです。

賃貸物件でも住居に隣接して駐車場や駐輪場を完備している所もあれば、近くの関連物件にさらに契約する物件もあります。 車や二輪や自転車での移動が多い場合はこちらのチェックも必要です。 立地条件や月額使用料の他に意外と見落とされがちなので防犯面のレベルです。 夜間や休日など人の目が届きづらい時期の防犯はどうなっているのか、照明などの設備はどうなのかもチェックが必要です。 バスや電車を使う立地条件でも主要道路から1本中に入った物件だと意外と騒音などが緩和されます。主要道路からの距離と日当たりも考慮にいれても良いでしょう。 道1本といっても家1軒分程度の幅でも騒音や排ガスの量は相当量変わります。 この状況は防犯面のレベルチェックと同様に平日と休日、日中と早朝夜間の相互チェックを行う事で判断が行いやすいのです。 インターネットや不動産でのチェック作業とともに実際に自分で目視確認してみる事がさらに判断の材料を増やす事になるのです。

人気のタワー型

タワーマンションは賃貸物件として人気があります。高級感もあり、賃貸物件なら申込み金や手付金などの頭金は不要なので、気軽に借りることもできます。そこを一生の住まいとして選ぶ人もいます。

詳しくはコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加